お友達リンク!

サンムーントップページへ戻る

トップページへ戻る


ポケモンサンムーン 乱数調整
現在のseed特定方法




ページ概要

このページはポケモンサンムーンの自分が今現在いるseedを特定する方法を紹介します。
前提条件として、固有seedを特定(クリックで詳細へ)しておく必要があります。

このページの現在のseedとは、今プレイしているソフトで次に卵を受取/受取拒否を行った際に使用されるseedのことを指します。
他のページで固有seedと言っていますが、ポケモンを127匹孵化して調べたseedは、127匹孵化の1匹目のポケモンの性格を決定したseedです。
つまり、固有seedに何の意味もないです。
ツールに入力する値はどんどん現在のseed等の今自分がいる付近のseedに更新していきましょう。

現在のseed特定方法

このページではよく質問のある下記2種類のパターンを説明します。

・127匹孵化直後(固有seed特定直後)に自分が今いるseedを特定する


この項目では、固有seedを特定したときに自分が今どのseedにいるかを解説します。
固有seedを特定したタイミングで取る行動は下記2つだと思います。
・127匹目のポケモンを受け取り、個体値等を確認→リセット
・127匹目のポケモンを受け取り、個体値等を確認→レポート
この項目ではこの2つについて説明します。

【パターン1】
・127匹目のポケモンを受け取り、個体値等を確認→リセット

1つ目のパターンです。これはとても考えやすいです。
127匹目のコイキングがツール上で123消費にいた場合、リセットを行い、卵の受け取りを拒否すると、123消費目のコイキングの受け取りが拒否され、次に使用されるseedは124消費目のseedになります。
画像で言うと青い部分が127匹孵化の最後の個体(123消費目)でその固体を拒否すると、次は124消費目のseedになります。(赤線を引いている部分)
eggrng


【パターン2】
・127匹目のポケモンを受け取り、個体値等を確認→レポート
これもわかってしまえば簡単です。
127匹目のコイキングの個体値が123消費目にいた場合、個体を確認後、レポートを行った。
この場合は、123+不定の受け取り消費の消費数のseedが次に使われるseed(現在のseed)になります。
不定の受け取り消費はツールの受け取り消費欄に記載されています。
画像の場合は123消費の受取消費は30なので、123~152の30が消費され、次に使われるseed(現在のseed)は153消費目のseedになります。
難しいことは考えず、出た個体の消費数+受取消費の消費数にあるseedが次に使用されるseedと覚えておけばいいです。
127匹目の個体を受け取った後に、その次の個体を受け取り拒否した場合はさらに+1消費するので、忘れないようにしてください。 eggrng

・自分が今どこにいるかわからない状態から、現在のseedを特定する


①両親の個体値を把握します。(大量に厳選した後でもない限りある程度の個体でも可能)
(どっちの親から個体値が遺伝したか判別するだけなので、31と00でも良い)
②ツールに親の情報、国際孵化の有無やお守り等の設定する。
(消費数は、前回seedを図ってからどれくらい卵を産んでいるかによって変動してきます。
何百個も卵を産んでない限りは0~5,000消費等でいいと思います。)
(検索しても個体が出ない場合は5,000や10,000ずつ消費を増やしてみましょう)
両親に何も持たせずに卵を孵化します。
④産まれた個体の個体値を図ります。
⑤ツールに目標の個体として産まれた個体を入力
⑥「計算」ボタンを押下(クリック)
⑦出力された消費数+その固体の受取消費の数値が次に使用されるseed(現在のseed)です。
下記画像の場合だと、2520+27の2547が次に使用されるseed(現在のseed)です。
eggrng





更新中画像

トップページへ戻る

ページのトップへ戻る